「始祖鳥」という名前

聞いたことありませんか?

 

義務教育を受けた人ならば

必ず聞いたことがあるはずです。

 

中学校の歴史の時間に出てきますね。

始祖鳥は鳥の祖先であったと

教わったのではないでしょうか?

 

でも今の子供はそうは

教わってないって知ってましたか?

 

この記事では始祖鳥について

調べたことをご紹介したいと思います。

 

始祖鳥の特徴とは?

 

名前だけは聞いたことある

始祖鳥とはどんな鳥だったのでしょうか?

 

ディノディノ

始祖鳥は1861年にドイツのジュラ紀の地層で発見されたごんす。

 

始祖鳥はジュラ紀後期に地球上に

出現しました。

 

爬虫類と鳥の両方の特徴を

持っていたのです。

 

鳥はそもそも爬虫類(恐竜)から

進化したものではないかと

考えられるようになりました。

 

ディノディノ

始祖鳥の全長は45センチメートルぐらいだったでごんす。

 

 

始祖鳥

 

 

始祖鳥は飛べた?

まず、始祖鳥はその名の通り鳥なのですが、

飛ぶのはあまり得意ではなかったようです。

 

何故かというと

始祖鳥は骨格を見ると、飛ぶのに

必要な筋力を持っていなかった

ようです。

 

また

飛ぶために翼を羽ばたく力にも

骨格が華奢すぎて

耐えられなかったそうです。

 

ですので、基本的には陸上で

過ごしていたと考えられています。

 

飛ぶにしても木に登り、

枝から枝に飛んだりと、ムササビの

ような飛び方をしていたと

考えられます。

 

そういえば

翼竜として最も知名度の高い

プテラノドンもそのような

飛び方をしていたとか・・・

>>プテラノドンは肉食で飛べなかった?化石から分かった新事実とは?

 

始祖鳥の口は?

鳥といえば歯は生えていませんね。

 

鳥は食べるときは食べ物を

丸呑みしていますが、

そのまま消化されるわけではなく

鳥の体内の砂嚢 (さのう)という器官

で細かくかみ砕かれます。

 

というわけで鳥には歯がないのですが、

始祖鳥は歯が生えています。

 

始祖鳥のあごの前半分には

小さくてするどい歯がたくさん

生えていました。

 

このことから、

始祖鳥は昆虫やトカゲなどの

小動物を食べていたのではないかと

考えられています。

 

始祖鳥の尻尾は?

鳥の尻尾には骨がなく、

尾羽だけがついているのですが、

始祖鳥の尻尾には獣脚類と

同じく骨が通っていました。

 

始祖鳥の脚は?

鳥の前脚は翼になっていて

指はないのですが、

始祖鳥の前脚には指がありました。

 

また、

後ろ脚に関しても鳥と違いがあります。

鳥の親指は後ろを向いており、

その親指のおかげで枝につかまって

止まることができるのですが、

始祖鳥の親指は他の指と同じように

前を向いていました。

 

ディノディノ

鳥のように飛べない
うえに、木の枝に止まるのも
苦手だったと
思われるでごんす。

 

ももは今の鳥類よりも

長くなっており、獣脚類と

同じように自由に動かすことが

できたようです。

 

 

始祖鳥は実は
鳥の祖先ではない?

 

始祖鳥はその名の通り、

鳥の祖先であると考えられていました。

 

ディノディノ

今の大人はみんな中学校でそう習ったはずでごんす。

 

その多くはアーケオプテリクス

(学名: Archaeopteryx

という学名がつけられているものを

意味します。

 

アーケオプテリクスの化石は

今までに10体分見つかっていますが

そのすべてがドイツの地層から

発掘されています。

 

発見された始祖鳥の化石は

石灰岩の中でよい保存状態に

であり、羽毛のあともあったので

古生物学者は爬虫類と鳥類を繋ぐ

「失われた環」

の証拠だと考えたのです。

 

しかし

現在ではそうは考えられていません。

 

羽毛を持った獣脚類であり、

鳥類は恐竜の生き残りなのだと

考えられています。

 

ディノディノ

獣脚類とは細い体つきの
肉食恐竜のことであり、有名な
ティラノサウルスもこの仲間でごんす。

 

獣脚類に分類する恐竜でも

鳥に近い特徴を持つものもいました。

 

ジュラ紀後期には

アンキオルニスという獣脚類

が中国で発見されていますが

このアンキオルニスも見た目からは

確かに鳥にしか見えません。

 

ディノディノ

身体を覆う羽毛は黒く、頭にはニワトリの
トサカのような赤い部分があったでごんす。

 

ティラノサウルスだって

羽毛が生えていたのではないかと

言われているぐらいですからね。

 

>>ティラノサウルスには毛が生えてた?Tレックス・羽毛説の根拠は?

>>ティラノサウルスの羽毛がダサい?恐竜には羽毛が生えてた?

 

今話にあげた

アンキオルニスやティラノサウルス

以外にも羽毛を持った獣脚類は

多数発見されています。

 

このことから、現在では

恐竜と鳥はどこが境界なのか

はっきり定義でないのでは?

という話にもなっているようなのです。

 

だから広い意味では

ティラノサウルスだって

白亜紀に滅んだわけではなく、

鳥類に進化して現代でも

生き残っていると言えるのかも

しれませんね。

 

アークテリクスも困った

アークテリクスという

有名な会社があります。

 

衣料品やアウトドア用品を

扱っているメーカーです。

 

この「アークテリクス」という社名は

始祖鳥の学名であるアーケオプテリクス

からつけられています。

 

世界で歴史上初めて、大空に飛び立った

とされる始祖鳥の姿を理想的な

クライマーの姿にとらえて

シンボルとしたのです

 

ですが!

 

これまでに説明したとおり

始祖鳥は鳥の祖先ではなかった

わけですから 笑