さほど恐竜に興味がない人でも

名前ぐらいは必ず聞いたことが

ある恐竜の代表といえば、

ティラノサウルスですよね。

 

ティラノサウルスは

白亜紀後期の約6850万- 約6550万年前

に300万年もの長きにわたり、

陸上における生態系の頂点として

君臨していたと考えられています。

 

日本でいえば、徳川幕府が権力者として

250年君臨していましたが、

そんなのティラノサウルスの歴史に

比べればほんの一瞬ですね。

 

そんなテイラノサウルスは

やはり考古学者の関心も高く、

研究は続けられています。

 

この記事では最新の研究で、

ティラノサウルスがどのような姿、

生態になったのかについて

ご紹介したいと思います。

 

ティラノサウルスの最新の
学説だと姿勢が異なる

 

ティラノサウルスの復元図は

昔と最新の学説で

姿勢が大きく変わっています。

 

テイラノサウルスは昔は

人間や猿のように背中を地面に

対してほぼまっすぐに、

立っていて、尻尾を引きずって

歩いていると考えられていました。

 

ディノディノ

ちょうど下の絵のようなイメージでごんす。

 

 

しかし

現在の復元図では、

上半身を前に倒して、尻尾は

浮き上がった状態になっています。

 

 

ディノディノ

こんな感じに尻尾は地面に水平になってるでごんす。

 

ティラノサウルス 大きさ

博物館に展示している

恐竜のロボットや模型も

最近のものはすべて

そのようになっているんです

 

なぜ

このように昔と今で

ティラノサウルスの姿勢が変わったのか

というと、ティラノサウルスの化石が

部分的にしか見つかっておらず、

その復元の際に間違えてしまったこと

が原因のようです。

 

ディノディノ

化石から恐竜の姿の復元というのは非常に難しいのでごんす。

 

ちなみに

ティラノサウルスの化石は

今までに20体分、そのうち完全体の

ものは3体分見つかっています。

 

ティラノサウルスは
集団生活をしていた?

 

ティラノサウルスは昔は

集団行動をとらず、単独行動で

狩りをしていたと考えられていました。

 

ディノディノ

一匹狼ならぬ、一匹恐竜ってことでごんす。

 

確かに

力が強くて大きい生き物って

あまり知性もなくて、単独行動ばかり

とっているってイメージありますよね。

 

 

 

しかし

最新の研究では、ティラノサウルスは

集団生活をしていたのではないかと

考えられています。

 

ディノディノ

そう考えられらえるようになった根拠はいくつかあるでごんす。

 

 

その一つは

ティラノサウルスの化石に

かなりの重傷と思われる骨折が

自然に治癒した痕跡が

見つかったことでした。

 

この重傷を負ったティラノサウルスは

仲間に保護されて、食料も与えられていた

ではないか?

このことからティラノサウルスは

集団生活をしていたのではないか?

ティラノサウルスにはそれなりの

知性があったのではないか?と

考えられたのです。

 

虫や獣では珍しい話ではないですが、

ティラノサウルスって

共食いもしてたんですよね。

 

だから

怪我をして弱った仲間がいれば、

「しめた!あいつ今日の飯だ!」

って襲い掛かって食べちゃってる

ていうのが私のイメージ

だったんですが 笑

 

 

もう一つは

2014年に3匹分のティラノサウルスの

足跡が、カナダ西部

ブリティッシュコロンビア

で見つかったことでした。

 

それまで

ティラノサウルスの化石は、

単独の個体のものしか

発見されていませんでした。

 

この足跡は幅8.5メートルの

進路を南東の方向に向かって

歩いていることを示していました。

 

ちなみに

足跡の大きさは50センチほどで、

それぞれ身体の大きさが異なる

3体のティラノサウルス

だったそうです。

 

ティラノサウルスってただでさえ

恐竜の中でも体が13メートルと

大きく顎の力も6トン程度と

圧倒的な強さだったのに、

 

さらに集団行動を

していたなんて!

 

どう考えても無敵すぎる・・・・

 

SF映画「ジュラシックワールド」では

人間を巧妙にだます恐竜が現れ、

そんな馬鹿な?と突っ込みたくなる

シーンもあるのですが、

あながちそれはでたらめな設定とは

言えないのかもしれません。

 

テイラノサウルスは
最強の恐竜ではなかった?

 

ティラノサウルスの正式な学名は

テイラノサウルス・レックスです。

 

ディノディノ

これは暴君の爬虫類の王という意味でごんす。

 

こういう名前がつけられている

ことからもわかるように、

発見された当時、ティラノサウルスは

恐竜時代に最強だったと考えられていました。

 

しかーし!

最新の研究では

「ティラノサウルス」

って本当に最強だったの?」という話もあります。

 

その理由の一つが

スピノサウルスの発見です。

 

スピノサウルスって

大きいものだと17メートルもあり、

13メートル程度だった

ティラノサウルスより

大きかったのです!

 

状態のよい化石の発見が

遅かったために、今まで陽の目

を浴びていませんでしたが、

近年発見されたことで、

スピノサウルスは注目を

集める存在になりました。

 

しかーし

食べていたものが主に魚だったと

考えられているところ、

水中を主な生息場所としていたことから

ティラノサウルスと

死闘を繰り広げていたという説は

ちょっと無理がありそうですが!

 

まとめ

ここまで読んでみて

いかがでしたでしょうか?

 

恐竜の研究は日進月歩で、

数か月でそれまでの

常識が覆ることも珍しくありません。

 

特に知名度と人気の高い

ティラノサウルスに

関してはこれからも

研究が進んでいくことでしょう!

 

 

ところで

ティラノサウルスの身体は

うろこではなく羽毛で覆われていた?

そんな話聞いたことありますか?

 

>>ティラノサウルスの羽毛がダサい?恐竜には羽毛が生えてた?