太古の時代には今では想像もできない

巨大な生物やユニークな姿形をした

生物が多数存在していました。

 

ほとんどの古代生物は

進化するか、環境の変化に適応できず

滅んでいってしまったのですが、

 

そんな古代生物の中に、実は

現在でも生き延びているものが

いるのです。

 

特に海には古代から姿形を変えずに

存在している生物が数多くいるのです。

 

古代生物は海に
生き残ってる?

 

古代生物の生き残り1
シーラカンス

 

現存していることがわかった

古代生物で一番知名度が高いのは

シーラカンスでしょう。

 

ディノディノ

シーラカンスは魚類の古代生物ごんす。

シーラカンスは6500万年前の

白亜紀末期に絶滅してしまったと

ずっと考えられていました。

 

ところが

1938年に南アフリカの

北東海岸でシーラカンスが

発見されたのです。

 

この事実に学会も世界中も

大騒ぎになりました。

 

 

ディノディノ

恐竜が生きてたのが
見つかった!ぐらい
の騒ぎだそうだったでごんす。

 

シーラカンスは白亜紀末期の

化石と現在生きているものに

ほとんど差異がなかったのです。

 

さらには現在までに

アフリカとインドネシアでも

見つかっています。

 

このことからシーラカンスは

「生きた化石と呼ばれています。」

 

シーラカンスは体長は1メートルほどで

水深150~700mの海に生息しており、

頭を下向きにして、自分に近づいてくる

イカや魚を食べるのだそうです。

 

静岡県沼津市の沼津港深海水族館

(シーラカン・ミュージアム)

でその個体を見ることができます。

 

古代生物の生き残り2
オウムガイ

 

オウムガイは今から4億5000万年

も前のシルル紀からデボン紀に

出現しました。

 

ディノディノ

アンモナイトに似ていると
よく言われますが、違う種類でごんす。

 

そんなオウムガイも

4億5000万年前から

現在までほとんど姿を

変えずに存在している

「生きた化石」なのです。

 

 

オウムガイは、巻貝のように見えますが、

分類的にはイカやタコの仲間です。

 

90本以上の触手を持っており、

これらの触手でエビを捕まえたり、

物に捕まったりします。

 

 

イカやタコの仲間って言われても

イカやタコにはオウムガイのような

貝殻はありませんのでぴんと来ませんよね。

イカやタコやオウムガイは「頭足類」と

いわれる分類なのですが、古代には

オウムガイのように貝殻の付いた

頭足類が海に数多く生息していたのです。

ですが、それらの貝殻のついた頭足類は

ことごとく衰退、滅亡してしまい、

今はオウムガイのみとなりました。

 

ディノディノ

そのこともオウムガイが
生きた化石と言われる
理由でごんす。

 

正直ちょっときもいです!

 

オウムガイの大きな殻の中は

ガスがつまった空洞になっており、

このガスによって水中に浮かんでいます。

移動するときは水を勢いよく吐き出します。

 

オウムガイは南太平洋やインド洋などの

暖かい海に住んでいますが、

100メートル以上、海の深くに

住んででいますので、それらの海に

行っても見ることはできません。

 

もし見たいならば、

オウムガイは以下のような

水族館で見ることができます。

 

 

なぜ深海には古代生物の
生き残りが多いのか?

 

なぜ深海にはシーラカンスや

オウムガイのような古代生物が

進化もせずに生き残ることが

できたのでしょうか?

 

浅い海はエサも豊富ですが、

生物も多数いるため、生存競争が

激しいのです。

深海にはこの生存競争に

勝ち残れなかった

生物が逃げてきたのではないか?

と考えられています。

 

これらの生物は、

生存競争に勝ち残ることよりも、

住む環境を犠牲にしてでも

生き残ることを選んだようです。

 

古代生物の生き残り3
カブトガニ

 

カブトガニも4億年も前からほとんど

形を変えずに存在している

「生きた化石」と言われている

生物の1種です。

 

カブトガニ、~ガニという名前にも

関わらず、実はカニの仲間ではありません。

甲殻類の仲間ですらありません。

 

ディノディノ

カブトガニはクモやサソリの仲間でごんす。

 

カブトガニには顎も触覚も

ありません。これらの特徴も

クモ、サソリと一致しています。

 

そうは言っても、

やはりこの兜のような殻を

持ったカブトガニかっこいい!

 

また

カブトガニは海に生息していた

古代生物として知名度の高い

「三葉虫」とも親戚にあたります。

 

明確な違いとして

三葉虫は、触覚がありますが、

これはカブトガニ、クモ、サソリ

などに進化する過程でなくなって

しまったのだと考えられます。

 

 

ディノディノ

その代わりに鋏角(きょう
かく)を持っている
のでごんす。

 

カブトガニは干潟(ひがた)の

泥の底に住んでいるのですが、

埋め立てなどの開発によって

干潟が減ってしまい、

絶滅の危機に瀕しています

 

岡山県にある

笹岡市立カブトガニ博物館では、

発信器をつけたカブトガニを放流して

その生態を調査しているそうです。

 

ほかにも鳥羽水族館 (三重県鳥羽市)

でもカブトガニを見ることができます。

 

海における巨大かつ
最強な古代生物は?

このように古代生物が生き残っている

海において、最大の古代生物って

何なのかご存知ですか?

 

海における最大の古代生物で

あっただろうと言われているのは

リードシクティス・プロブレマティカス

という魚でその大きさは14~27メートルも

あったと言われています。

 

時代は違いますが、白亜紀の海で

最強だったモササウルスでさえも

大きいもので18メートルだったそうですから

それを上回ってしまうのです。

 

ディノディノ

現代の魚類でいうとジン
ベエザメの2倍ぐらいに
なるでごんす。

 

ただ、性格は温厚だったそうで、

クジラのようにプランクトンを

食べていたそうです。

 

なので

リードシクティス・プロブレマティカスは

最大ではありますが、

最強であったとは言い難いようです。

 

時代は違いますが、海の古代生物で

最強だったのはやはりモササウルス

であったと考えられます。

 

>>モササウルスが最強?他の恐竜との強さ・大きさを比較!