モササウルスというのは、

約8000万~6500万年前の白亜紀

に海中に生息していた

大型の爬虫類です。

 

~サウルスって名前なんだから

恐竜なんでしょって

私も思っていましたが

実は爬虫類だったんですね!

 

強力な顎を持っており、

その時代の海の生態系では

最強を誇っていました。

 

対してメガロドンは

約1800万年前から約150万年前

の間に生息していたサメの一種です。

 

最強の恐竜というと

誰もが真っ先に思い浮かぶのは

テイラノサウルスではないでしょうか?

 

しかーし

メガロドンの咬合力は

テイラノサウルスの6tに対して

20t程度だったと言われています。

 

ディノディノ

3倍以上の強さだったってことでごんす。

 

モササウルスとメガロドン、

このように生きていた時代が

違うのですが、大きさを比べてみました。

 

モササウルスと
メガロドンの
大きさを比較すると?

 

モササウルスは

体長約12.5 – 18メートルです。

これはモササウルス科の中では

最大サイズです。

これに対して

メガロドンは13メートルまたは

20メートルぐらいです。

 

ディノディノ

最大のものだとメガロドンが勝つってことでごんす。

 

メガロドンはサメの仲間なのですが、

現在存在しているサメで

メガロドンに最も近いと言われている

ホオジロザメが6m

世界最大と言われている

ジンベエザメですらも13mです。

 

メガロドンが如何に

大きいサメだったのかわかりますね!

 

しかし

メガロドンの体長に関しては

推測に頼っている部分が多いのです。

 

何故かというと

メガロドンは軟骨動物なので

化石は顎の部分しか残っていません。

 

なので上で説明している

メガロドンの体長というのは、

「この顎の大きさなら体長は

これぐらいだったのだろう!」

という推測にすぎません。

 

メガロドンの体長は

最も近いと言われている

ホオジロザメとその残っている

顎の大きさを比較して

推測されたものだそうです

 

 

モササウルスとメガロドンは
何故絶滅した?

 

それでは

モササウルスやメガロドンは

何故絶滅してしまったのでしょうか?

 

モササウルスが海の王者

として君臨する前の海には

魚竜や首長竜が存在していました。

 

モササウルスは優れた遊泳力と

強力な顎の力で魚竜や首長竜

にとって代わる存在と

なっていきます。

 

他にも嗅覚が鋭く

危険察知能力に長けていたこと、

子供がある程度大きくなってから

誕生するという点

なども有利な材料でした。

 

 

特に

子供が母体内で大きくなってから

誕生するというポイントは

大きかったようです。

 

卵の状態だと無防備な状態なので、

外敵に食べられてしまう

リスクが高く個体数が大幅に

減少してしまいますから。

 

多くの魚竜などは

卵を産んでいたのですから

この違いは非常に

大きいと言えるでしょう!

 

しかし

そんなモササウルスにも

絶滅の時が訪れます。

 

ディノディノ

奢れるものも久しからずってやつでごんす。

 

モササウルスが絶滅したのは

白亜紀後半と言われています。

 

対して

メガロドンが絶滅してしまったのは

鮮新世(約600万-約200万年前)中期

と言われています。

 

モササウルスもメガロドンも

当時の海の最強ではありましたが

他の古代生物と同様に

急激な環境変化には

対応できなかったのです。

 

隕石の衝突がモササウルス
絶滅の原因を作った?

 

 

近年の研究では、

隕石の落下が直接のモササウルス

絶滅の原因になった

考えられているようです。

 

でも

 

え?

隕石の落下で地上に住んでいる

恐竜が絶滅したのはわかるけど

なんで海中の生物にまで影響するの?」

 

って思いますよね。

 

ディノディノ

実に不思議でごんす。

 

それに

隕石が落下しただけならば、

その周辺にいた生物が

被害を受けるのはわかるけど

なんで絶滅しちゃったの?

 

って思いますよね。

 

隕石が落下したことによって

地球中に津波が起きて

その津波も多くの地上の生物の

命を奪っていきました。

 

また

隕石によって起こった

大量の粉塵によって

太陽光が長期間遮られてしまい、

植物が死んでいきました。

 

そのことによって

その植物を餌としていた

生き物も餓死して

いってしまいました。

 

特に

身体の大きい恐竜は

生きていくのに必要な

食べ物の量も多いので

この環境変化によって

真っ先に死んでいって

しまったようです。

 

身体が大きいって

天敵がいなくて無敵って

感じがしますが

こんな弱点があったんですね!

 

ディノディノ

皮肉なものでごんす。

 

反対に

ネズミのような小さな生き物は

生き延びることができました。

 

食物連鎖のピラミッドと

全く逆の現象が起きたってことです!

 

まるでトランプの大富豪の

革命みたいですね。

 

隕石の落下によって、

大量の粉塵が巻き上げられ、

そのおかげで、海中への太陽光

が遮断されてしまいました。

 

それによって、

海の中に生息している

植物プランクトンが光合成を

行えなくなり、

絶滅していってしまいます。

 

また

植物プランクトンが

死滅してしまったことによって

その植物プランクトンを餌に

していた、モササウルスも

他の大型爬虫類やアンモナイト

と一緒に絶滅してしまったのです。

 

こうして

今から6550万年前に恐竜が絶滅し、

哺乳類の時代がやってくるのです。

 

モササウルス自体は

滅んでしまいましたが

爬虫類はその後の時代にも

生き残っていきます。

 

ちなみに

現在存在している爬虫類で

モササウルスに近いのは

生態としてはワニ、

分類上ではトカゲやヘビ

になると言われています。

 

ディノディノ

ワニやトカゲやヘビの先祖はモササウルスだったとも言えるでごんす。

 

 

陸上では最強と言われたティラノサウルス

ティラノサウルスに羽毛が生えてた?

 

詳しくは以下の記事をチェック!

>>ティラノサウルスの羽毛がダサい?恐竜には羽毛が生えてた?