映画も恐竜もあまり

興味がないという人でも

恐竜映画といえばジュラシックパーク

ということぐらいは

聞いたことがあるのでは

ないでしょうか?

 

ジュラシックパークシリーズは

アメリカ合衆国のユニバーサル映画

が制作している恐竜が出てくる

SF映画です。

 

そのジュラシックパックの

シリーズの第4作目が

「ジュラシックワールド」

なのですが、そこにこの記事で

紹介するモササウルスが出てきます。

 

 

U-NEXTを使えば

ジュラシックワールドも見れます。

無料お試しはコチラ

 

U-NEXTの評判や無料トライアルについて

以下で紹介しています。

>>U-NEXTの評判は?お試しと解約の流れを解説!

 

ディノディノ

ただ、この記事の内容は映画「ジュラシックワールド」のネタバレになるでごんす。

 

しかし

ネット上のファンの間で

この映画に出てくるモササウルス

いくらなんでも大きすぎない?

という噂が絶えないのです。

 

 

この記事は映画の内容の

ネタバレになります。

 

また、すでに見た方も

夢が壊れる可能性あります 笑

 

ジュラシックワールドをまだ見てない方

この先を読んで、このブログの作成者を

恨まないとお約束できるのであれば

以下をお読みください  笑

 

映画ジュラシックワールド
でのモササウルスの出番は?

 

それで、問題の

ジュラシックワールドの

どのようなシーンでモササウルス

が出てくるのでしょうか?

 

ディノディノ

実はモササウルスの出番自体は多くはないのでごんす。

 

ザラ・ヤングという人物が

出てくるのですが、

そのザラ・ヤングをプテラノドン

が飛んできてさらっていきます。

 

 

その後

モササウルスがいる湖に

落とされてしまい、プテラノドンごと

モササウルスに丸呑みされてしまいます。

 

 

ん?

プテラノドンって獲物を

捕まえて飛ぶなんてこと本当にしたの?

 

気になる方は以下の記事をチェック!

>>プテラノドンは肉食で飛べなかった?化石から分かった新事実とは?

 

 

そして

次にモササウルスが登場するのは

ラストシーンになります。

 

このジュラシックワールド

遺伝子操作によって生み出された

「インドミナ・レックス」という恐竜が

脱走して暴走してしまったので

それを退治しようというのが

メインテーマなのです。

 

ディノディノ

インドミナ・レックスはこの映画で生み出された架空の恐竜でごんす。

 

結局

インドミナ・レックスを退治する

にはティラノサウルス・レックス

をぶつけるしかないと判断して

飼育エリアから

ティラノサウルス・レックスが

解放されます。

 

しかーし!

そのティラノサウルス・レックス

ですらもインドミナ・レックスには

歯が立ちませんでした。

 

ティラノサウルス・レックスは

インドミナ・レックスにとどめ

をさされそうになったのですが、

そこに小型恐竜のラプトルが

ティラノサウルスの助太刀に入ります。

 

ディノディノ

小さいラプトルが巨大なインドミナ・レックスに立ち向かう姿は感動するでごんす!

 

そのラプトルの助太刀を契機に

ティラノサウルス・レックスも

復活し、反撃に転じます。

 

そして、

インドミナ・レックスを

2体で湖の縁に追い詰めます!

 

そこでやっと
モササウルスの出番です!

 

ティラノサウルス・レックスと

インドミナ・レックスの激闘の

騒ぎとその血の臭いから

水中から飛び出したモササウルスが

ンドミナ・レックスを丸のみ

してしまいます。

 

出番こそ少ないものの、

このモササウルスのインパクトは

強烈でした!

 

ですから正直

映画ジュラシックワールドは

モササウルスが影の主役だった!

といっても過言ではないでしょう。

 

ディノディノ

もっと詳しいジュラシックワールド
のネタバレは以下の記事でごんす。

 

>>映画ジュラシックワールドの感想とネタバレ

 

モササウルスの映画
ジュラシックワールド
での大きさは?

 

上でご紹介したように

映画ジュラシックワールドでは、

モササウルスは

人間とプテラノドンや

インドミナ・レックスを

丸呑みしてしまいます。

 

映画の中で登場する

モササウルスの大きさは

インドミナ・レックスよりも

はるかに大きくて30メートル

ぐらいはありました!

 

ディノディノ

他の恐竜がみんなちっぽけに見えてしまうでごんす!

 

しかーし!

モササウルスって大きいものでも

18メートルぐらいしかない

はずなんです!

 

なんで

映画ジュラシックワールドの

中でのモササウルスが

こんなにも大きいものとして

描かれたのでしょうか?

 

 

ちなみに

ジュラシックワールドの公式サイト

を見てもモササウルスは

全長16.7メートルだった

と書かれています。

 

モササウルスだと
ジュラシックワールド
が大きいのはあの人
の言葉が原因だった!

 

 

ジュラシックワールドの

制作会社はモササウルスの

大きさを知らなかったのでしょうか?

間違えたのでしょうか?

 

ディノディノ

もちろん、そんなことはないでごんす!

 

公式サイトですらも

16.7メートルって書いてますからね。

 

モササウルスが

ジュラシックワールドの中で

あれだけ大きくなったのは

あのスティーブン・スピルバーグの

言葉が原因だったのです。

 

ディノディノ

スティーブン・スピルバーグはこの映画の製作総指揮者でごんす!

 

スティーブン・スピルバーグが

「もっと大きく、もっと怖い感じに

作っていこう」

と要求したのです。

 

そりゃ

この人がこう言ったら

誰も逆らえませんな!

 

あまりにもモササウルスを

大きくし過ぎてしまうと

非現実的になってしまうのでは?

という懸念もあったのですが、

巨大に成長した個体がいたという

想定があっても面白いのではないか?

ということで結局モササウルスを

巨大化させることに納得したようです。

 

実際

モササウルスって

海の中でも大型の海洋生物を

餌にしていたようです!

 

モササウルスの化石にも

傷が付けられて、それが治癒したと

思われる痕跡が発見されており、

モササウルスが強敵との死闘に

明け暮れる生涯を送っていたことは

間違いなさそうですね。

 

ジュラシックワールド
について学者の見解は?

 

こんなちょっと無理のある

映画の設定ですが、

リアルに恐竜の研究でご飯を食べている

古生物学者はどう思っているのでしょうか?

 

ジュラシックパークの

新作が公開されるたびに学者さんが

集まって、映画を視聴するそうですが

学者のみなさんは映画を純粋に

楽しんでみるそうです!

 

この設定はありえない!

とか反論したり、不満を

言ったりは一切

しないんだそうですよ。

 

ディノディノ

エンターティメントとして割り切ってるってことでごんす。

 

恐竜って

今の最新の学説ですらも

数か月後に新説が現れて

ひっくり返されても

何の不思議もないのです。

 

そんなこと言っても

映画を見た後に出てきた恐竜のことを

調べてああだ!こうだ!議論するのも

それはそれで楽しいですよね!

 

 

それに海のことって

未だに未知の部分が非常に多いのです!

 

深海の果てなんて、

宇宙に行くよりも行くのが

難しいと言われているぐらいですから。

 

 

海の王者モササウルスについて

もっと知りたい方は以下の記事をチェック!

>>モササウルスが最強?他の恐竜との強さ・大きさを比較!

>>モササウルスの大きさをメガロドンと比較!絶滅した理由は?

 

ジュラシックワールドに出てくる

インドミナ・レックスは映画の中での

創作ですが、実在した肉食恐竜

ティラノサウルスに関して

こんな話はご存知ですか?

 

>>ティラノサウルスの羽毛がダサい?恐竜には羽毛が生えてた?