我々人間の何倍もの大きさが

あった恐竜って寿命はどれぐらい

だったんだろうって考えたこと

ありませんか?

 

ティラノサウルスのような

肉食恐竜とトリケラトプスの

ような草食恐竜でも

寿命に差はあったのでしょうか?

 

この記事では恐竜の寿命に

ついて調べたことをご紹介

したいと思います。

 

 

草食か肉食かで寿命に
違いはあるの?

 

恐竜が草食だったか、

肉食だったかで寿命に違いは

あったかというと、あまり

因果関係はないようです

 

寿命に大きく影響を与えていたのが、

恐竜の身体の大きさと

体温の高さと代謝の高さと

言われています。

 

身体が大きいほど、

体温が低いほど、

代謝が低いほど、寿命は

長くなるようです。

 

このうち、身体の大きさと

体温には因果関係があります。

身体が小さいほど熱を逃がしにくく

なるので体温が高めになります。

 

代謝が低いと寿命が長くなる

というのはわかりにくいので

説明すると、生物が一生涯に

代謝する総量は決まっており、

それを使い果たすと生命が

維持できない状態になります。

 

ディノディノ

それが寿命による死なのでごんす。

 

なので、代謝が低いというのは

その総量を消費するペースが遅いので

結果的に寿命が長くなるのです。

 

車の燃費に例えると

わかりやすいですね。

 

ティラノサウルスの
寿命はどれぐらい?

 

恐竜として一番有名な

ティラノサウルスは寿命は

どれぐらいだったのでしょうか?

 

 

 

 

ティラノサウルスの寿命は

30年程度だったそうです。

 

これはティラノサウルスの

化石として最も有名な

「スー」の化石の骨を研究して

明らかになったそうです。

 

このスーの化石は調べてみたところ

28歳の状態だったそうで、

骨が相当痛んでいました。

肋骨が3本も折れており、

感染症にもかかっていたそうです

このことからこのティラノサウルス

の化石が老齢期を迎えていたことが

わかったそうです。

 

ディノディノ

この有名なスーの化石はシカゴの
フィールド博物館で見れるでごんす。

 

ちなみに

これは現在生きている動物だと

サルとほとんど同じぐらいです。

 

人間は80年なので、それと

比べると短く感じてしまいますが、

人間って動物の中でもかなり

ぶっちぎりで長寿命ですからね。

 

百獣の王、ライオンですらも

寿命は飼育下で20年程度です。

また生命力が異常に高く、

人間が絶滅しても生き残ると

言われているゴキブリは

寿命は一年です。

 

それにしても老齢期の化石が

見つかるってことは、

やはりティラノサウルスは捕食

される天敵が存在せず、

その時代の生態系の頂点

だったんだろうって

思わせますよね。

 

同じ肉食恐竜でも、

体長2メートル程度だった、

ドロマオエサウルスの寿命は

3年~5年だったそうです。

 

ティラノサウルスの体長が

13メートルだったことを

踏まえると、寿命に大きく影響

していたのは草食か肉食かよりも

身体の大きさに大きく関係

しているということですね。

 

トリケラトプスの寿命はどれぐらい?

 

そのティラノサウルスに捕食

されていた有名な草食恐竜として

トリケラトプスがいますね。

 

 

トリケラトプスの寿命は

どれぐらいだったのかなあと

思いましたが、調べても

寿命に関するデータは残念ながら

出てきませんでした。

 

100年以上寿命があった
恐竜はいたの?

 

身体の大きさが寿命に影響すると

なると、一番大きい恐竜であれば

寿命はどれぐらいだったのか?

人間よりも寿命が長い恐竜は

いたのかな?って

気になりますよね。

 

恐竜の中でも特に巨大だったのは

竜脚類という種類の恐竜でした。

 

ディノディノ

竜脚類は首が長いのが
特徴でごんす。

 

なぜ竜脚類がこのように

大きくなれたのかは、

以下の記事をチェック!

>>古代生物の生き残りは存在する?古代生物が巨大な理由とは?

 

草食のスーパーサウルスは

この竜脚類の一種であり、

全長が33メートル前後もあった

と言われる最大級の

大型草食恐竜です。

 

推定ですが、

このスーパーサウルスの

寿命は100年から200年ぐらい

だったと言われています。

 

ディノディノ

スーパーサウルスって大きさ
だけではなく寿命までスーパーでごんす。

 

大きい以外にもスーパーサウルス

のような竜脚類には寿命が長くなる

特長を持っていました。

それがはじめに説明した体温と

代謝です。

 

竜脚類は首が細く長いために

首から体温を逃がすことが

できました。

更には代謝も寿命が長いことで

有名な亀よりも少なかったようです。

 

ディノディノ

鶴は千年、亀は万年というぐらい、
亀は寿命が長い生物として有名でごんす。

 

ちなみに亀でも最も寿命が

長いのはアルダブラゾウガメ

といいますが、

アルダブラゾウガメの寿命は

150年もあるそうです。

ですから、スーパーサウルスの

寿命が200年あったかもという

推定も説得力ありますよね。

 

ただ身体の大きいことが

常に有利とは限りません。

身体が大きければその分

生きていくのに、大量の餌が

必要になってしまいますからね。

 

恐竜が絶滅した理由で現在、

最も有力とされているのが

隕石の衝突によるものです。

隕石そのもので、恐竜が滅びた

わけではありません。

隕石落下の影響で地球上から

植物がなくなったことで

身体の大きな草食恐竜は

絶滅していきます。

さらにはその草食恐竜を餌に

していた肉食恐竜も滅びてしまいます。

 

これらの恐竜よりずっと

身体の小さかった哺乳類や爬虫類、

ゴキブリなどの小さい虫などは

生き残りました。

 

 

ディノディノ

恐竜が絶命した原因については
詳しくは以下の記事を見るでごんす

>>恐竜が絶滅した理由は?絶滅しなかったらどうなってた?