恐竜は今から6500万年前の

白亜紀後期に絶滅して

しまったと言われています。

 

そもそも

なぜ恐竜は絶滅して

しまったのでしょうか?

 

そしてもし恐竜が

絶滅していなかったら

地球は今どうなっていたでしょうか?

 

これらについて調べたことを

この記事ではご紹介して

いきたいと思います。

 

恐竜が絶滅した理由は?

 

恐竜が絶滅してしまった理由には

さまざまな説があります。

 

隕石衝突で恐竜が滅んだ?

 

恐竜絶滅の説の中で

現在もっとも

有力とされているのが

この隕石衝突説です。

 

この隕石衝突説の根拠は

白亜紀と次の時代である

第三紀との間に、隕石の

痕跡と見られる物質

(イリジウム)が

発見されたことでした。

 

さらには

メキシコのユカタン半島に

巨大な隕石の落下した後と

考えられるクレーターが

発見されたことがこの学説の

裏付けになりました。

 

ディノディノ

隕石は直径10キロメートルぐらいだったそうでごんす。

 

この巨大隕石が落下した影響で

チリやホコリが地上を覆って

しまいました。

 

これによって、太陽光が

地上に届かなくなり、

多くの植物が死んで

いってしまいます。

 

植物が死んでいってしまうことで

今度はその植物を餌にしていた

草食動物が死んで

いってしまいます。

 

さらにはそうして

草食恐竜の数が

減ってしまったことで

その草食恐竜を餌にしていた

肉食恐竜も餌が足りずに

死んでいってしまいます。

 

身体が大きく、その分生きていくのに

必要な食料の量も多かった

恐竜はこのように真っ先に

死んでいってしまったのです。

 

また

この隕石の衝突の影響で

地球上で何百メートルもの

高さの津波も大量に発生しました。

 

諸説ありますが、この津波の高さ

1000メートルを越えている地域も

あったとか、それどころか

数千メートルもの高さだったのでは?

とも言われています。

 

ディノディノ

この津波にはいくら身体の大きい恐竜でも

ひとたまりもなかったのでごんす。

 

 

火山噴火で恐竜が
滅んだ?

 

巨大隕石衝突説の次に有力

とされているのが、

この火山噴火説です。

 

恐竜が絶滅してしまった

白亜紀末期の地球は

火山活動が非常に活発な

状態にありました。

 

インドのデカン高原の玄武岩や、

海の海山や海台などの玄武岩は

この時代に作られつつありました。

 

この火山噴火の影響でその噴出物

によって、地上への太陽光が

遮られてしまい、植物が死に、

隕石衝突説と同様の理屈で

草食恐竜、肉食恐竜も

死んでいってしまいます。

 

それに加えて

気温の低下や酸性雨など

も発生し、これらの環境変化も

恐竜を絶滅に追いやる要因と

なったと考えられています。

 

ディノディノ

火山の度重なる爆発によって
気候が変わってしまったのでごんす。

 

恐竜が絶滅しなかったら
どうなってた?

 

それでは

隕石衝突や火山噴火などの

天変地異が起こらず、恐竜が絶滅

しなかったとしたら、

地球は今どうなって

いたのでしょうか?

 

恐竜は滅んでしまうまでは、

食物連鎖の頂点にいました。

絶滅によって恐竜が地球から

退場してしまったことで、

食物連鎖の頂点の座を哺乳類に

明け渡すことになりました。

 

ディノディノ

白亜紀後期にも哺乳類は
いたけれどとても
小型だったのでごんす。

 

例えば

白亜紀後期には「アルファドン」

という哺乳類がいたのですが、

その大きさはたったの

30センチメートル程度でした。

 

ですので、

もし恐竜が絶滅してなかったら、

哺乳類は進化を遂げられずに

我々人類も生まれてくることができず、

今も恐竜の時代が続いてた可能性が

高いと考えられています。

 

恐竜がいても、
人類は反映した?

 

これは私の個人的な

考えになります。

 

人間はマンモスがいた時代にも

存在していました。

それでも身体の何倍も大きい

マンモスも知性や武器を持った

人類が勝利して生き延びていた

ことを考えると、

 

例え、

恐竜が天変地異で滅びなかったとしても

結局は知性をつけた人類が

食物連鎖の頂点の座を

奪い取って、今とそう変わらな

状態になっていた可能性も

あるのではないかと

考えてしまうのですが

いかがでしょうか?

 

恐竜が人間のように
知性化した?

 

恐竜が絶滅せずに、生き延びていたら

人間のように知性を持った

可能性もあると考えられています。

 

1982年にカナダのデール・ラッセル博士

がそのような説を唱えています。

 

恐竜は実は鳥に姿を変えて
生き残っている

 

実は

恐竜は全て滅びたわけでは

ありませんでした。

 

その一部は鳥類に進化して、

生き延びています。

 

恐竜は白亜紀の恐竜から

進化したものであることは

1990年のごろにはほとんどの

研究者に受け入れられていました。

 

ディノディノ

1990年代に鳥類と恐竜を結びつける
証拠がたくさん見つかったのでごんす。

 

その証拠に恐竜と鳥類には

非常に共通点が多く、明確な境界

はっきりしていません。

 

羽毛がある恐竜が見つかったこと

もあります、

 

羽毛のついたティラノサウルスの

ロボットを展示している博物館

だってあるぐらいです。

>>ティラノサウルスには毛が生えてた?Tレックス・羽毛説の根拠は?

 

気嚢(きのう)システムというのが

鳥類と恐竜類に共通して存在して

いたこともその一つです。

 

気嚢があるというのは恐竜が

大きくなれた要因の一つでした。

>>古代生物が巨大な理由は?現代の生物の巨大化には酸素が必要?