古代生物といえば

恐竜をはじめとして巨大なものが

多いのですが、なぜこんなにも

巨大だったのでしょうか?

 

6500万年前の白亜紀末期に

恐竜などの巨大な古代生物は滅亡し、

食物連鎖の頂点の座を

哺乳類に明け渡すことになりましたが、

その後も哺乳類が恐竜のように

進化して巨大化しなかったのは

何故でしょうか?

 

古代生物が
巨大な理由は?

 

そもそも我々人間が

恐竜が好きなのは

大きいからですよね。

 

なぜ恐竜が大きくなったのかは

恐竜学者にとっても非常に

興味深いテーマなのです

 

恐竜の中でも特に
巨大なのは竜脚類

 

その大きいものが多い

恐竜の中でも特に大きいのは

「竜脚類」(りゅうきゃくるい)

と言われる種類です。

 

ディノディノ

このように首が長い恐竜のことでごんす!

 

古代生物_巨大_理由

 

「竜脚類」(りゅうきゃくるい)

ってもう名前からして

すごくかっこいいですよね。

 

竜脚類でも特に名前を

耳にすることが多いのは

「ブラキオサウルス」

ですね。

 

ブラキオサウルスは

アメリカに生息していた

恐竜で大きさは

首の長さもいれて

25メートルもありました。

 

ちなみに

みんなの大好きな

ティラノサウルスは

獣脚類(じゅうきゃくるい)です。

 

大きさもティラノサウルスは

13~15メートル程度なので、

種類の名称のカッコよさでも、

大きさでもブラキオサウルスの

勝ちですね。

 

ディノディノ

竜と獣じゃあ、竜の勝ちでごんす。

 

それにブラキオサウルスは

近年まではもっとも大きい竜脚類

と考えられていましたが、

 

さらに

その上がいたのです。

 

ディプロドクスという竜脚類は

大きいもので35メートルも

あったそうです。

 

竜脚類が巨大になった
理由は?

 

と話は脱線しましたが、

 

なぜ竜脚類はここまで巨大に

なったのでしょうか?

 

恐竜は全体的に進化と共に

大きくなっていく

傾向にありました。

 

ディノディノ

竜脚類もその先祖と言われる
竜脚形類よりも巨大化して
首も長くなっているでごんす。

 

餌を入手しやすいように
首が長くなった

 

首の長いブラキオサウルスは

首を左右にふるだけで

高い位置や遠い位置にある植物を

食べることができました。

 

ただ

ブラキオサウルスより首の長い

ディプロドクスの首はほぼ水平に

伸びていて、高い位置に

持ち上げることは

できなかったようですし、

ブラキオサウルスに関しても

脛椎の構造からして

キリンのように真上に持ち上げる

ことはできなかったようです。

 

大して運動することなく

多くの餌にありつくことができるので

生きていくために必要なエネルギーを

獲得するのに非常に効率が良い身体の

構造だったといえます。

 

このことから餌を入手しやすく

するという目的のために

竜脚類は大きくなっていった

考えられています。

 

また、子孫を残すために

交配相手を探しだすという

点でも巨大化によって

移動範囲を大きくできること

はメリットだったのです。

 

長い首は放熱にも
役立った

 

また、

首が長いことが役に立ったのは

餌を取るという点だけでは

ありませんでした。

 

恐竜のような大きな体だと

体内に熱を持ってしまうと、

その熱を放出するために

多くの時間を要してしまいます。

 

体温が上がりすぎると、

体内のたんぱく質が固まって

しまって生命を維持する

ことができなくなって

しまうのです。

 

そこで

竜脚類の長い首と長い尻尾は

熱を逃がすのには

有利だったのです。

 

しかしながらその反面、

進化して大きくなってしまった

身体を維持するにはたくさんの

餌が必要になってしまいます。

 

肉食恐竜から身を守る
ために巨大化した

 

ブラキオサウルスは

ティラノサウルスより

大きかったとはいえ

ブラキオサウルスは草食なんで

ティラノサウルスと戦っても

勝ち目はないです。

 

見た目のイメージの通り、

竜脚類の長い首は無防備で、

肉食恐竜に噛みつかれたら

ひとたまりもなかったようです。

 

なので

竜脚類は肉食恐竜に対抗する

手段として巨大化して、

大きさで相手を圧倒という

方法を取ったのです。

 

竜脚類だけが
首が長くなった理由は?

 

同じ草食恐竜でも竜脚類だけ特に

首が長く進化したのは

なぜでしょうか?

 

他の恐竜は哺乳類と同じく

多くの歯と重い顎を

持っていました。

 

ディノディノ

でも竜脚類はここが違ったのでごんす、

 

これに対して竜脚類の口は

食べ物を細かくかみ砕ける

ようにはできておらず、

ほとんど飲み込んで、大きな胃や

腸の段階で、ゆっくり時間をかけて

食べ物を消化していました。

 

このような構造だったので、

頭の部分を軽量化することができ、

その分首を長くする

ことができたのです。

 

現代の生物の巨大化
には酸素が必要?

 

なぜ

我々人類を含む哺乳類は

恐竜のように大きく進化

しなかったのでしょうか?

 

現在の動物で首が長いといえば、

キリンですが、キリンの首の長さは

竜脚類には遠く及びません。

 

これには「気嚢(きのう)システム」

というものが影響しているようです。

 

気嚢(きのう)システムというのは

恐竜にはありますが、

哺乳類にはありません。

 

哺乳類の場合、酸素を口や鼻から

吸収すると、気管を通って、

肺に入りますよね。

 

気嚢システムがある生物だと

気管から肺への経路に

前気嚢、後気嚢というのが

ついていてここにも酸素を

ため込んでいるのです。

 

身体が巨大化すると

多くの餌も必要になりますが

それと同時にその大きくなった

身体の全体に酸素を送り込む

ことが必要になります。

 

ディノディノ

そこで気嚢システムが役に立つのでごんす。

 

恐竜はこの気嚢があることで

体内に効率よく酸素を

送ることができたので、

巨大化することができたのです。

 

そして

気嚢がない哺乳類は恐竜のように

巨大化できなかったのです。

 

ただこの気嚢システム、

哺乳類にはありませんが

鳥類にはあるのです。

 

他にも鳥類と恐竜には

共通点が非常に多いのです。

これらが鳥類が恐竜の進化した姿、

生き残りと言われる理由です。

 

ディノディノ

この記事作成で参考にした文献とサイトでごんす。

 

 

ティラノサウルスにも羽毛があった?

そんな説もあります。

>>ティラノサウルスには毛が生えてた?Tレックス・羽毛説の根拠は?