ジュラシックパークは1990年に

小説化され、1993年には

アメリカ映画として公開された

作品です。

 

監督はかの有名なスティーブン

スピルバーグです。

 

2018年までに映画は5作

公開されています。

 

この記事では映画「ジュラシックパーク」

を見た感想とネタバレをご紹介して

いきたいと思います。

 

以下でネタバレが始まります。

かなり細かく詳しいので

映画をこれから見ようという

人はわかった上で問題なければ

お読みください!

 

ジュラシックパーク
のネタバレ

恐竜の発掘をする
アラン・グラント

 

アラングラントは化石の発掘に

勤しむ考古学者でした。

助手のエリーサトラーとは

恋人同士でした。

 

アランがラプトルについて

聴衆を前に話していると

少年がラプトルは七面鳥のようだ!

という感想を述べました。

 

子供にラプトルはライオンのように

まず首に噛みつき命を奪うのではなく

生きたまま内臓を食べるのだと言って

子供を怖がらせてしまいます。

 

ディノディノ

アランは子供が嫌いだった
のでごんす。

 

子供はすっかり

おびえてしまうのでした。

 

そこにヘリコプターに乗って

老人が訪ねてきます。

 

老人はジョン ハモンドと言う

大金持ちでした。

 

研究費を出資してもらっている

立場なので、とりあえず下手に

出て話を聞くことにしたアラン。

 

自分が無人島に建造した

テーマパークを承認してもらう

ために専門家の承認が

欲しいので視察に

来てほしいと依頼してきました。

 

急にそんなこと言われても

と戸惑うアランとエリーでしたが

ハモンドから報酬として3年間分

の採掘費用を払うと言われて

喜んで引き受けることにします。

 

ディノディノ

しかしこのために後で
とんでもない事件に巻き
込まれることになるでごんす。

 

取引をするネドリー

眼鏡をかけて太った男が野外の

テーブルで食事をしているところ

に鞄を抱えた別の男が訪れます。

 

太った男はネドリーと言い、

ハモンドのテーマパークで

雇われているエンジニアでした。

もう一人の男は金をやるから

恐竜の胚を持ち出すようにと

頭金を渡してきます。

 

札束の詰まった鞄を見て

目を輝かせるネドリーなのでした。

 

 

飛行機で島に向かう一行

ハモンドの自家用ジェットで、

テーマパークがあるという

ヌブラル島に向かうアランと

エリー、飛行機にはハモンドの

他にも、ハモンドの会社の

顧問弁護士のドナルドと数学者

であるイアン マルコムも乗っていました。

 

ディノディノ

イアンもハモンドに視察
要員として招待されて
いたのでごんす。

 

ロストワールド/ジュラシックパーク2は

このイアンが主人公でごんす。

>>映画ロストワールド(ジュラシックパーク2)の感想とネタバレ(あらすじ)

 

島に到着した一行

 

島についた一行は二台の

ジープで草原を進みます。

 

 

すると一行は信じられない

ものを目にします。

 

目の前でブラキオサウルスが

木の葉を食べているのです。

 

ディノディノ

他にも多くの草食恐竜が
群れで生活していたの
でごんす。

 

「恐竜をよみがえらせたのか!」

と驚くアラン

 

イアンは「やはり恐竜は

爬虫類のように変温動物ではなく

恒温動物だったのだ!」

と感動しながら話します。

 

ドナルドは「こいつは金になるぞ!」

とイアンやアランとは別の意味で

目を輝かせます。

 

そこでハモンドはみんなに

向かって自信満々に

「ジュラシックパークにようこそ」

で改めて挨拶をするのでした。

 

どのように恐竜は
生み出された?

 

島の中の研究施設に

案内されて、遺伝子工学の

研究により恐竜たちが生み

出されたことを説明する

ハモンド、

 

ちなみに

実際恐竜の復活は難しいけど

マンモスを復活させるという

研究は行われています。

>>マンモスを復活させる方法!復活への反対の意見&クローンの問題点

 

遺伝子操作によって

生み出される恐竜は

全てメスであり、卵から

生まれて初めて対面する

ハモンドをすりこみで

母親と思い込ませ無害に

なるようにしていたのです。

 

中にはラプトルの赤ちゃんも

いることを知り、アランは

目の色を変えます。

 

更には成体のラプトルに

餌をやるところを一行は見学します。

餌として牛を与えたところ

すごい勢いで飛びついていきました。

 

ラプトルは非常に頭が良く

足も速い危険な恐竜なので

厳重に管理していることを

説明するハモンド

 

ディノディノ

実はこのラプトルに後で
苦しめられることに
なるのでごんす。

 

これは非常に儲かるビジネスに

なると楽しそうに話すドナルド、

 

ただ、アランやイアンは

そのように自然の摂理に逆らって

恐竜を生み出すのは神に対する

冒涜であるとハモンドを非難します。

 

さらにイアンは

「危険をもてあそんでいる」

と警告します。

 

ハモンドは反論されたことを

残念に思いながらも、考えを

改めようとはしませんでした。

 

子供たちがジュラシック
パークに

ジュラシックパークに招待

されたのはアラン達研究者

だけではありませんでした。

 

ハモンドの孫の子供も

ジュラシックパークに

招待されていたのです。

 

 

ディノディノ

レックスという姉とテイム
という弟の兄弟だったので
ごんす。

 

子供たちと研究者たちは

一緒に車でジュラシックパーク

と書かれたゲートの中に入ります。

 

車は音声ガイダンスつきの自動

運転するものでした。

 

弟のテイムがアランに話しかけて

きます。テイムは幼いのに恐竜

のことを良く知っており、

アランの書いた本も読んでいると

アピールしました。

 

 

「恐竜って鳥に進化したの?」

子供嫌いなアランは無愛想に

答えます。

「中には鳥に進化したものもいるさ」

 

さらには

「隕石で恐竜は滅んだんでしょ!」

と目を輝かせて少年はさらに話し

かけてきますが、アランはやはり

取り合おうとしません。

 

ディノディノ

実はかなり興味深いことを
いってるでごんす。

 

>>恐竜は鳥に進化した?恐竜と鳥類の共通点&進化の過程まとめ

 

その少年が乗っていた車の

ドアを閉めて他の車に

乗り込んでしまいました。

 

ディノディノ

なんちゅう大人げない態度でごんす。

 

ついに一行は

ジュラシックパークの

門をくぐりました。

 

一行を乗せた車では

自動音声のガイダンスが流れます。

「デイロフォサウルスの群れが

見えます」と聞いて一行は

目の色を変えて車の窓から

恐竜の姿を探しますが、

探しますが見つかりません。

 

ジュラシックパークでは恐竜を

自然な形で飼育しているので

都合よく恐竜が出てこないのでした

 

がっかりする一行

 

ハモンドを罵倒する
ネドリー

 

操作室ではシステムに不具合が

あり、エンジニアであるネドリー

をハモンドは非難します。

 

ですが、

ネドリーは謝るどころか

開き直った態度でした。

「こんな安い給料でこんな難しい

仕事をできるやつがいたら俺の

代わりに雇ったらどうだ?」と

 

ネドリーはハモンドに雇われの

身でしたが待遇に不満を

持っていたのです。

 

 

車から降りてしまう
アラン達

 

アラン達一行はティラノサウルス

のエリアについていました。

 

ですが、ここでも恐竜の

姿は見えません。

 

ヤギを出して、それを囮に

ティラノサウルスを呼び出します。

 

ですがティラノサウルスは

現れません。

 

「ティラノサウルスは自分で

狩った獲物を食べるものなので

こんな餌には食いついてこない」

と語るアラン

 

イアンは「本当に恐竜が見られるのか?」

とクレームを入れます。

 

ディノディノ

これに対してハモンドも
腹をたてているでごんす。

 

アランを筆頭にこのまま車に乗って

いても恐竜が見れないと感じた一行

車を降りてパークの中を歩いて

行ってしまうのでした

 

それをモニタールームから見た

ハモンドは慌てます

「なぜ車にカギをかけなかったのか?」

と、しかし後の祭りでした。

 

生のトリケラトプス
と対面

 

車の外は危険だぞ!と警告する

ドナルドの言葉を無視して

アランはどんどん奥に歩いて行って

しまいます。

 

アラン達は病気で横たわっている

トリケラトプスを発見します。

「僕が子供のころ一番好きだった

恐竜だ!」 と目を輝かせて

トリケラトプスに身を寄せる

アランなのでした。

 

トリケラトプスがなぜ病気なのか

エリーは気になって仕方がなく

色々調べています。

 

そんな一行に

いい加減車に戻ってくれと

訴えるドナルドでした

 

逃亡するネドリー

買収されていたネドリーはついに

計画を実行に移します。

 

ソーダを買いに行くといって

席を離れるネドリー

 

もちろんそんなのは嘘で

恐竜の胚を持ち出すのが目的です。

 

ティラノサウルス、ステゴサウルス、

メトリントサウルス、

次々に恐竜の杯を取り出すと

容器にしまいます。

 

それだけならまだしも

ネドリーは自分が逃げ出す

近道として利用するために

ジュラシックパークの恐竜を

封鎖しているフェンスの電流を

切ってしまいます。

 

ディノディノ

このせいで大事件が起きるのです。

 

ティラノサウルスと
遭遇!

 

アラン達を載せていた

車は止まってしまっており

無線も通じなくなってし

まっていました。

 

雨の中、アランたちが車の

中で待機していると

 

ティラノサウルスが出現します。

ドナルドは一緒に乗っていた子供

たちにも別の車のイアンやアラン

にも何も言わずに近くの建物に

逃げ込んでしまいました。

 

ディノディノ

卑怯な奴でごんす。

 

「動くな、奴には動いてるもの

しか見えない!」

と言ってじっとしていると

アランとイアンの車をティラノ

サウルスは通り過ぎていきました。

 

しかし向かいの車に乗っていた

子供たち二人は目の前の

テイラノサウルスの咆哮を聞き

おそろしさに

悲鳴を上げてしまいます。

 

車はティラノサウルスに

ひっくり返されてしまいます。

 

車の下で悲鳴を上げる二人、

 

アランが二人を助けるために

動き出します。

 

わざとライトをつけて明るくして

へーい!とティラノサウルスを

挑発します。

 

更にはイアンも出てきて

同じ明かりをつけてテイラノ

サウルスをおびき寄せ、今のうち

に子供を助けるようにアラン

に言います。

 

ディノディノ

この二人かっこよすぎでごんす!

 

ドナルドは一人建物に

隠れていましたが、その建物の壁を

ティラノサウルスに破壊され

一口で飲み込まれてしまいました。

 

そのすきに車の下敷きになった

子供二人を助け出すアラン、

 

レックスを何とか車の下から

救い出すと目の前にティラノサウルス

が迫っていました。ティムを載せた

車は崖の下の森に落とされて

しまいます。

 

孫を心配するハモンド

一方操作室では、ネドリーによって

警備システムがオフにされてしまった

ことを知ります。

 

ハモンドは、監視員のマルドゥーン

にジープで孫やアラン達を救出に

行くよう依頼します。

 

エリーも付いていくことに

なりました。

 

このジュラシックパークの

システムを正確に把握してい

るのはネドリーだけであり、

自分たちではお手上げだと

エンジニアはハモンド

に告げます。

 

ハモンドは見下していた

ネドリーに手痛い報復を

受けたことを知ります。

 

 

ネドリーの最期

一方この事態を引き起こした

張本人であるネドリー自身も

全く無事ではありませんでした。

 

嵐で船の出向時間に間に合いそう

もなく、道にも迷ってしまいました。

 

さらには車が泥沼に

はまり動けなくなってしまいました。

谷底に転び落ちて

眼鏡もなくしてしまいます。

 

仕方なく、車を出てジャングルの

中を歩くネドリー。

 

そこで小さな恐竜

ディロフォサウルスに遭遇します。

 

出典 wikipedia

 

警戒した、ネドリーが車に

避難しドアを閉めると

そこには親のディロフォサウルス

が待ち構えていたのです。

 

車の中で断末魔の叫びを

上げるネドリー・・・

 

一方

崖の木の上に落とされた

車に置き去りにされたティムを

アランが何とか助け出します。

 

イアンを救出する
マルドゥーンとエリー

 

ティラノサウルスとの死闘後

奇跡的に一命を取りとめていた

イアンのもとにジープで

マルドゥーンとエリーが駆け付けます。

 

エリーは崖に落ちた車を

発見します。

 

ディノディノ

しかしアラン達を探し
ているどころではなく
なるのでごんす。

 

車の中で目を覚ましたイアンは

ティラノサウルスが迫ってきている

ことに気づきます。

エリーとマンドゥールも車に乗り込み

急いで走り出しました。

 

しばらくは追ってくる

ティラノサウルスですが

3人は何とか逃げ切ること

ができました。

 

森で夜を明かすアラン達

アランと子供たちは。

木の上で夜を明かすことに

なりました。

 

アランは子供たちと出会った時

とはまるで別人のような優しい

顔をしていました。

 

子供嫌いだったはずのアランは

自分が命がけで救い出した

子供たちにすっかり情が

わいてしまったようです。

 

自分が寝ずの番をするから

安心して眠るようにと言うのでした。

 

ハモンドの苦悩

研究施設に帰ってきたイアンと

エリーとマンドゥール、

 

イアンはモルヒネを注射されて

眠っていました。

 

ハモンドはこのような事態が

起きてしまったことにショックを

受けていました。

 

自分は偽物ではなく本物の恐竜を

見せて多くの人を楽しませた

かっただけなのだと。

 

でも恐竜を生み出してしまった

からこのような危険を招いて

しまったのだと

エリーはハモンドを非難します。

 

「あなたのせいでアランとあなたの

孫は命の危険にさらされているのよ!」

 

と言われてハモンドは助ける

ためなら金は惜しまない」と

だけ反論します。

 

朝起きると
ブラキオサウルスが!

 

アランが寝ずの番をして

眠っていた子供たち二人が

目を覚ますと目の前に

巨大な首長竜が!

 

ディノディノ

首長竜が木の葉を食べて
いたのでごんす。

 

古代生物_巨大_理由

 

レックスは恐れますが、草食恐竜

だとわかっているアランとテイム

は平気だと安心させます。

 

恐竜の卵が!

3人が森を進んでいくとアランは

割れた恐竜の卵を見つけます。

 

研究施設でハモンドたちに聞いた

説明だと恐竜の新しい生命は

研究施設でのみ生まれ、しかも

すべて雌だから勝手に繁殖しない!

ということでしたが実際には

恐竜たちは自力で繁殖した

というとです。

 

雌の一部が雄に変態し

交尾をしていたのだと

アランは悟ります。

 

ちなみに性転換するのって

現在の生物でもたくさんいますよ。

マダイなどがそれに当たります。

 

ハモンドとエンジニアたちと

エリーはネドリーによって

正常に機能しなくなった

システムを復旧させるには

一度電源を切り再起動させる

しかないという結論に

たどり着きます。

 

研究施設を目指す
アランたち

 

森の木の上で夜を明かした

アランと子供二人は研究施設に

向かって丘を歩いていました。

 

そこにガリミムスの大群が

こっちに向かってやってきます。

 

あまりの数の多さにぞっとする

レックス、

 

ガリミムスが何者かから逃げている

ことを察したアラン、

 

倒木の陰に隠れて様子を見ていると

そこにティラノサウルスが現れます。

 

隠れている目の前で一匹のガリミムス

がティラノサウルスに食べられて

しまいます。

3人は見つからないようにこっそり

その場を離れるのでした。

 

エリートとマンドゥール
が外へ

 

一方エリーはシステムの電源を切るため

施設の外にマンドゥールと向かいます。

 

外に出るとフェンスが破られている

ことをマンドゥールは発見します。

 

ジャングルの中で恐竜の存在

に気づいたマンドゥール、

囮になり、ブレーカーが

ある外の電気室の元に

エリーを向かわせるのでした。

 

一方アラン達3人は

ジュラシックパークと外の

境界になるフェンスに

たどりつきました

 

フェンスには電流が走って

いないことを確認すると

3人はフェンスを登って

進みます

 

一方エリーは無線でのハモンドの

指示に従いながらブレーカーを

切ってシステムを再稼働させる

準備を進めていました。

 

システムが稼働してしまい、

まだフェンスから降りられずに

いたテイムが電流を食らって

しまいました。

 

研究施設に到着したアランたち

そんなことは知らずにシステムが

再起動してフェンスに電流が

流れたことを喜ぶエリーですが、

そこになんとラプトルが潜んでいました。

 

 

ラプトル

 

エリーはなんとか逃げ出しますが

エンジニアが一人犠牲になって

しまいました。

 

一方囮になっていたマンドゥールも

草陰から飛び出してきたラプトルの

餌食になってしまいます。

 

テイムは電気ショックで心臓が

止まってしまっていましたが、アラン

の必死の人工呼吸で息を吹き返します。

そして3人はようやく研究施設に

たどり着きました。

 

イアンは子供たち二人を施設に

残し外にいたエリーと再会します。

 

研究施設にラプトルが!

子供たち二人はすっかり安心して

研究施設で食事をとっていました。

 

しかし

レックスが突然目の色を変えます。

 

テイムがレックスが見ていた方向を

振り返るとなんと恐竜の影が!

 

ディノディノ

ラプトルが研究施設の中
にまで浸入していたの
でごんす。

 

ここから研究施設の中での

ラプトルからの逃亡が始まります。

 

ジュラシックパークのフェンスから

外に出たラプトルは3匹

そのうち1匹はエリーが電気室に

閉じ込めましたがあと2匹が残っており

研究施設に潜入していたのです!

 

ラプトルは非常に頭が良く

ドアノブまで回して建物の

中を餌を探して回ります。

 

レックスの活躍でシステムを

回復が成功します。

 

ディノディノ

レックスは子供なのに
パソコンに詳しかった
のでごんす。

 

イアンはハモンドに連絡し、

電話がつながるようになったので

救援のヘリを呼ぶように伝えます。

 

ラプトルとの戦いに
決着!

 

イアン達は逃げ回りますが

最終的に1階のエントランスで

2匹のラプトルに囲まれてしまいます。

 

万事休す!と思ったところで

ティラノサウルスが出現!

ティラノサウルスはラプトルの

うち一匹をあっという間に

大きな口で加えてかみ殺してしまいます。

 

そのチャンスを逃さず

イアン達は外にと逃げ出します。

 

もう一匹のラプトルがイアン達には

目もくれず、ティラノサウスに

飛び掛かっていきますが

勝敗は明らかでした。

 

ディノディノ

大きさが違いすぎるでごんす。

 

島からの脱出

外にはジープに乗ったハモンドが

待機していました。

イアンはこの「テーマパークは承認しない!」

と言います。

ハモンドは当然だ!と答えます。

 

やがて救援のヘリがやってきて

ヘリに乗る一行

 

 

アランの両脇で抱きかかえられて

安心して眠る子供たち二人

 

そんな様子を向かいのエリーは

笑顔で眺めていました。

 

ジュラシックパーク
の感想

 

以上がジュラシックパークの

あらすじです。

 

恐竜の迫力あるバトルシーンも

見ものですが、ヒューマンドラマと

しても楽しめる作品です。

 

子供嫌いはずだったのアランが

命を張って、子供たちを守る

まるで父親のように変化する

ところは微笑ましいですね。

 

 

ジュラシックパークの主人公

アランはジュラシックパーク3

でも主人公として活躍します!

>>映画ジュラシックパーク3の感想とネタバレ

 

ジュラシックパークの
動画を視聴するには?

 

U-NEXT

U-NEXTを使えば

ジュラシックパークも見れます。

ジュラシックパークは見放題作品と

なっていますので、

31日間の無料トライアルを使えば

無料で視聴することも可能です。

無料お試しはコチラ

 

ディノディノ

無料トライアルを使えば
完全無料でも見れるでごんす。

本ページの情報は2019年2月

時点のものです

最新の配信状況は U-NEXT

サイトにてご確認ください。

 

dTV

dTVでもジュラシックパークは

配信されています。

無料お試しはコチラ

dTVはこちら!